【無料】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので エロ アダルト 無料 ネタバレ注意

こんばんは

サラダオイルです。

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」や「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~」の人気作を描いた作者、チンジャオ娘さんが新作が3月に発売することが決まりましたねw(*゚ロ゚*)w

 

タイトルは「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」だそうです!

 

3/26にBooklive!コミックで「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」発売されました!

 

下のリンクをクリックすると「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の無料サンプルが読めます。

クリック!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の無料サンプルはこちらから



 

 

 

 



チンジャオ娘と小桜クマネコのコラボ作品

 

今回は小桜クマネコさんとのコラボ作品です!

 

以前の作品では「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」、「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」でもコラボしていて,こちらも人気作ですね∑(*´д`*)



「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」はBookLive!コミックがおすすめ!

 

チンジャオ娘さんの作品はBookLive!コミックで先行配信されることが多く、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」も同じ傾向が予想されますw(*゚ロ゚*)w

 

そしてBookLive!コミックは月額コースをクレジット払いすると、、、

 

一ヵ月目のポイントが無料になるのですw(*゚ロ゚*)w

 

この一ヵ月目に無料でもらったポイントを使用すれば無料で、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」を無料で読むことができます。

 

BookLive!コミックの料金プランについてはこちらから

 



 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」のネタバレ予想

 

母親似の娘、陽葵が生まれて父親は娘の成長を楽しみに一生懸命頑張って休日は家族と楽しい生活を過ごしていました。

 

陽葵がどんどん成長していき、いつも人懐っこい娘が可愛くて可愛くてしょうがない父親。

 

陽葵は部活で体を鍛えていて発育がよく、おっぱいとお尻が大きくなり女らしい体つきになっていきます∑(*゚д゚艸)

 

父親は陽菜の成長を見て、喜びが大きくなると共に、無意識に大きなおっぱいとお尻を見つめてしまう時間が増えていくのです( ;・`д・´)



無意識で見てしまうたびに、少し息を呑みながら、、、

 

「わが娘ながら柔らかそうだ、、、」

 

父親は自分の中で少しづつ大きくなっていく欲望に気付き始めるのです、、、

 

しかし父親はその欲望を持つこと自体あり得ない(`・д´・; )、父親失格と自分を責めるのです。

 

その欲望を否定しながら陽菜とはいつも通りに関係のまま、生活していき、ある日突然とんでもないことを知ります、、、

 

それは陽菜は母親と不倫相手との子供で、父親とは血縁関係がなかったのです( ;・`д・´)

 

父親は自分の妻が寝取られていて、知らない男に孕ませされていました((((( ;゚Д゚)))))

 

自分の妻に裏切られ、自分の子供でも無いのに一生懸命、愛しながら育ていたことに絶望するのです。

 

その絶望の中、陽葵が自分の娘でないことに安心しました∑(*´д`*)

 

「この気持ちは間違っていなかった!陽菜の体で興奮してもいいんだ!!」

 

その日を境に、父親と陽葵は一線を越え、禁断の関係が始まります、、、、、

 

「まあ、、、う、、っ‼ 入っちゃった、、♡結構すんなり入っちゃうんだね、自分で入れに行くなんて変な感じ∑(*゚д゚艸)」

 

陽葵は父親に跨り、ゆっくり腰を降ろしていった、、、




「うう、、気持ちいいよ∑(*´д`*) 陽葵、、、っすぐできるなんてバドミントンで鍛えているだけのことあるな、、」

 

ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、ぬぷっ、



「あは♡、、そうだもん♡、、はあ♡、、、っ♡、ヤバイ♡、、ふっ♡、、、あ♡、、、」

 

二人は禁断の関係と知りながらも、快楽に身を任せていく、、、、




下のリンクをクリックして「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」と検索すればすぐ出てきます!

気になる方はクリックして検索!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

Booklive!コミックはこちらから

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の登場人物

 

陽葵

・バドミントン部。

・おっぱいとお尻が大きい。

・父親が大好き。

・処女

中山俊樹

・自分の娘が成長していくたびに性的な目で見るようになり、悩むようになる。

・今まで育てていた娘が自分の子でないことを知り、禁断の関係となる。

 

下のリンクをクリックして「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」と検索すればすぐ出てきます!

気になる方はクリックして検索!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

Booklive!コミックはこちらから



「手塩の掛けた娘が俺の子じゃないと判明したので」1話のネタバレと感想

 

某大手システム会社のSEの中村俊樹は20年勤務してやっと主任になりました。

 

しかし最近は優秀な後輩も昇進し始めたり、ゲームが趣味の後輩が全国優勝していたり、仕事以外の能力がある人が羨ましく思います、、、

 

でもその嫉妬がどうでもいいと思えるほど、大事にしているものがあります∑(*´д`*)

 

それは娘の陽葵です。

 

俊樹が帰ると陽葵は玄関まで走って迎えに行き父に抱きつくのです。



「お父さん!お帰り!」

 

父親を毛嫌いしがちな高校生になってもお父さんが大好きな陽葵。

 

食事中に娘から「アーンして!アーン!(*>д<*)アーン」とお願いされ、照れながらも口を開ける俊樹。

 

陽葵はいつまでも人懐っこく、可愛くてしょうがないですw(*゚ロ゚*)w

 

見た目もアイドルのスカウトが来るほどです。つい会社の同僚たちにも写真を見せて自慢するのです。

 

しかしある後輩が「この子、主任に似てないですねーお母さんにですね」と言います。

 

確かに今まで誰からも父親似と言われていないと思った俊樹は思い切ってDNA鑑定を申し込むのでした(゚Д゚)

 

そして後日、俊樹と陽葵は生物学的に親子ではない事が判明します∑(゚Д゚)



葵が生まれた日から家族を幸せにすると誓ったのに、妻の裏切りに絶望する俊樹

 

昼間から酒を飲み、夜になるまで飲み続けていた、、、

 

陽葵が部活帰りに帰ってくると汗ばんだ匂いが俊樹の股間を刺激する、、、

 

「他人だったらいいんだよな、、、問題ないよな!!」

 

俊樹は陽菜に欲情し、思いっきり押し倒す、、、

 

父親が家族のために生きて行くと決意し15年一生懸命に生きていたのに、妻からの裏切りに絶望してやけになる姿は男としてなんと声を掛ければいいかわからないです(´゚Д゚`)

陽葵に襲い掛かる姿はいけない姿だと思いますが、めちゃくちゃ興奮します∑(*´д`*)

発育の良い陽葵の体はめっちゃおっぱいデカくていいです、、、

父親とはいえあんなに体を密着してくる陽葵も本能的に俊樹の事を男として見ていたのだと思いますw(*゚ロ゚*)w



 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」2話のネタバレと感想


親子でないと知った俊樹は後の事はなんて考えずに無理やり押し倒した。

 

陽葵の下着に手を掛けて、大人になったアソコを見ようとします∑(*´д`*)

 

「おら、後ろ向け!」

 

「やめてよ、、、お父さん、、、いやだよ、、、こんなの、、、」

 

「やめるわけないだろう、、、十数年前にもパンツぐらい脱がしてるんだから」

 

俊樹は陽葵の下着を脱がす、、、そこには立派に生い茂った景色があり、部活の汗と女性特有の色っぽい匂いがした。



「おーもう大人の女だよな、もうセックスできる年だもんな、わかるかとかしれないけどここがクリトリスっていうんだぞ」

 

俊樹はま〇こを刺激していくと陽葵は泣きながらも、ビクつき少しずつ感じて濡れていく。

 

「やっぱお前もメスなんだな、、、感じてるもんな、、、ここがいいのか?」

 

「はっ、、、、はっ、、、んんっ、、ああああっ!、、、、ああああああっん!、、、」ビクビクっ!



「お前ってかわいい声でだすんだな、、、俺、入れるから、、、」

 

「うそでしょ⁉お父さんやめてよ!いつもはこんなことしないでしょ!?

 

「痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!!!」

 

「流石にキツイな、、、でゆっくり入ってるから、、、ほら入った、、、痛くても慣れるからな」

 

「あうっ、、うううぅ、、、あうぅ、、、ああああん、、、、ああああん、、、いっ!、、、」

 

 

「おお、、、、おおおっ、、、いいぞ日向、、、すごくいいぞ、、、!!」

 

俊樹は今まで育ててきた娘はいない。今まで育て来た女はメスの家畜と変らない、、、

そう思い込んで陽葵に性欲をぶつけるのです。



陽葵は愛嬌のいい子で肉付きもよく、同学年の男子にもモテるでしょう!

モテそうな陽葵は意外にも処女で初めてを俊樹に奪われるとは思っていなかったでしょう!

あんな優しかったお父さんが、急に娘でなく家畜として扱う態度には恐怖を覚えたはずです。

完全にレ〇プです。見ていて暴力的で決して許される行為ではありません、、、絶対にダメな行為です!

でも私はそれを読んで勃起していました∑(*´д`*)

背徳感って興奮する人多いのではないでしょうか⁉そんな人にお勧めの話です。





 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」4話のネタバレと感想

 

俊樹は自分の娘と思っていた女、陽葵を犯した後、警察に自首しようとするも陽葵の「今までの家族のままでいたい」という言葉から出頭することをやめました。

 

自分の正義感がもっと多ければ、陽葵が許したことなど関係なく警察に行っていただろうと思います。

 

しかし自首した後の自分の人生の事や残された家族の人生を考えると、穏便に済ませることも悪くないと考えるようになりました。

 

次の日にはもう俊樹も陽葵も何もなかったように普段と同じように過ごすのです。

 

そして妻が友人と旅行に行く日にまた陽葵と二人になる俊樹はどんな態度を取るのかを考えていました。

 

陽葵が自分と2人きりになったときにあまりに拒否反応を見せるようなら、今度は出頭しようと決意をするのです、、、

 

妻が旅行に出かけた当日、晩御飯を作ろうかなと思っていると陽葵が近づいてきます、、、



 

「お父さん、、、すごい気持ちいいことしてあげる、、、ズボン脱いで、、、」

 

「おい、陽葵w(*゚ロ゚*)w、、、どうしたんだ?」

 

「お父さん正義感強いから、警察にまた行こうとするんじゃないかと思うと寂しい」

 

「陽葵、、、」

 

 「わたしHな動画みていっぱい勉強したんだよ∑(*゚ェ゚*)男の人が好きそうな動画見てすごい興奮して今日学校いるときもずっとモンモンしてた(*´Д`)」

 

陽葵は息を荒げて俊樹のズボンを脱がし始めます。

 

俊樹はAVを見た影響で女性から積極的な誘い方をしていると思っています。

 

 「ここ、気持ちいい?みんなここ舐めてるとビクビクしてたよ、、、」

 

「ああ、、きもいいよ、、、すごく上手だよ、、、はあ、、、あっ、、∑(*´д`*)」

 

 

 「むちゅ、むちゅ、むちゅ、むちゅ、むちゅ、むちゅ、、、うふふすごいビクビクしてる∑(o’д’o)」

 

「ああっ、、、あぁっー!、、、ひ、陽葵、ちょっ、ゆっくり、ああっ!」

 

「じゅぽ♡、じゅぽ♡、じゅぽ♡じゅぽ♡じゅぽ♡じゅぽ♡じゅぽ♡じゅぽ♡」



 

俊樹はついこの間まで処女だった経験のない舌技で体を捩るほど感じていています。

 

陽葵は自分の奉仕で父の感じている姿を見ていると嬉しさと可愛さに気分が上がっていきます。

 

「AVみたいに舐めちゃった、、、お父さんおっぱい見たい?クラスの男子もいつも服の上から見てくるんだよ、、、」

 

俊樹は服の上からでもわかる大きな果実を見ながら生唾を飲み込み、うなずきます。

 

陽葵はニコっと笑い、制服のボタンを外していきます、、、



 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」5話のネタバレと感想

 

俊樹が血相を変えて陽葵を襲った夜、あの時はいつも優しい父だった俊樹が母の裏切りから声を荒げて獣のように乱暴した時の変貌に驚きと怖さを感じていました。

 

レイプされている時は恐怖のあまり泣きながら、やめてほしいと懇願します((((( ;゚Д゚)))))

 

そんな願いも虚しく、俊樹は陽葵に今までのうっぷんをぶつけるかのように犯します。

俊樹が陽葵を犯した後に家を出る音が聞こえて、瞬時に警察に行くのだと察知しました。

 

今まで楽しく大好きな家族がバラバラになることを考えると辛く、いつも優しく大好きな俊樹を失うことが寂しく思ったのです。

 

陽葵は自分を犯した俊樹を許すことにしました。

 

しかし何事もないように過ごした陽葵は思春期特有の性への興味を持ち始めるのですw(*゚ロ゚*)w

 

そして”あの日”とは違う感情でセックスしたい∑(*゚ェ゚*)そう思うのです。

 

「お父さん、入れてほしいの∑(*゚ェ゚*)」

 

「ネットで調べてると、セックスって気持ちいらしいの、、、それを知りたいから、、、お願い∑(*゚д゚艸)」

 

陽葵はベッドの上でお尻を突き出し、恥ずかしからか顔を向けるも俯いたまま、俊樹に要求します。

 

お尻の穴まで丸見えで、アソコもベチョベチョになっています。

 

”あの日”とは違い、お互いに求め合い心地よいい高揚感を楽しんでいます∑(*´д`*)

 

俊樹はアソコはギンギンに硬く、後ろから焦らすように擦りると陽葵は声を漏らしながら小刻みに震えます。

 

そして俊樹は擦るった時に愛液で濡れたアソコに挿入すると陽葵は若干苦しそうに声を出すのです。

 

「んっ!!! はぁ!!! はっ、、はっ、、はぁ、、はあ、、はあ、、はあ、、はあ、、はあ、、」

 

「ちょっと抜こうか?」

 

「うんん、大丈夫だよ、、、大きいからちょっとびっくりしただけ、、、だから、、、」

 

俊樹が徐々に腰を動かしていくと、陽葵はどんどん息を荒くして声も漏らしていきます。

 

「はっ、、はっ、、はっ、、はっ、、はっ、、はっ、、あ、、あん、、ああ、、、、んっ~~~~♡ガクガクッ」

「あん♡あん♡あん♡あん♡あん♡ すごい! すごいきもちい∑(*´д`*)イッチャいそう!!」

陽葵は2回目のセックスとは思えないほど感じて、中イキした。

 

「昔からかわいかったけど、今が一番かわいいな∑(*´д`*) もう息遣いが大人の女だな、、、」

 

「ほんと?昔からそう思っててくれたの?嬉しいw(*゚ロ゚*)w」

「ねえ、やってみたことあるの∑(*´д`*)仰向けに寝て、、、」

 

陽葵は俊樹に乗跨り、バドミントン部で鍛えた下半身で自ら腰を動かしていく、、、

 



「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」6話のネタバレと感想

 

陽葵は学校から急いで帰宅すると俊樹に押し倒します。

 

俊樹は女子高校生に襲われることに少し驚きながら、少々呆れた表情をしました。

 

「学校から帰ってきていきなりか、、、」



 

陽葵は俊樹のパンツを乱暴に脱がし、まだ芯の入ってない男根を握り咥えます。

 

男性の敏感な部分を刺激し、感じる姿を観察することに快感を覚えた生娘は欲望に溺れるのです。

 

 「だってお父さんのおちんちん食べたかったんだもん!69するって約束したじゃん∑(*´д`*)」

 

 「ねえ、、、クリなんとか舐めてよ♡、、、アソコ凄い気持ちいんだよ」

 

快感を与えられる恥ずかしさと高揚感と刺激される楽しさを同時に感じれるプレイに興味津々の陽葵。

 



俊樹の舌は陽葵のクリトリスをレロレロ舐めます。

 

そうすると陽葵は下でクリトリスを揺らすたびにビクッと体をくねらせるのです。

 

 「ああんっ!すごい、、私いつもそこでオナニーするんだよ∑(*゚ェ゚*)」

 

 「でも、、いつもと違う、、お父さんの舌のざらつきが、、はあ♡、、凄い気持ちいい、、、はぁん♡」



陽葵は感じながらも俊樹の男根を咥え、クリを舐められたときの強弱を真似るように亀頭を舐めるのです。

 

俊樹は陽葵の感じるポイントをうまく捕まえるとビクッと反応すると陽葵は不意に力み、歯をかみ合わそうとする。

 

ちゃんと俊樹に男根を咥えていることを意識してるのでガッチリ噛んでしまう事はないですが、薄く歯が当たることがたまにあり、少しヒヤヒヤします。

 

 「このおちんちんママにも中に出して、私にも中出ししてるんだね、、、」



 「不思議な感じ、、、すごい運命感じるよ、、、このおちんちんに(笑)」

 

陽葵は不敵に笑いならがら、俊樹をからかいます。

 「ねえ、フェラされるってどんな気持ち?口の中って気持ちいいの?」

 

陽葵は口を窄め方を強くし、頭を動かすスピードを一気にスピードを上げます。

 

 「じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっん♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっん♡」

 

「おおっ!も、もっとゆっくり!あああっ!」

 

 「感じてばっかじゃなくて、ちゃんとクリ舐めてよ、、、」

 

「じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっん♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっ♡じゅぼっん♡」

 

こうして一つ屋根の下、戸籍上は父親と娘の性生活の日々が始まりです。



そしてある日の夜、二人は密会し声を殺しながら愛し合います、、、

 

隣の部屋で母親が寝ている時にも、陽葵の喘ぎ声とベッドの揺れる音は聞こえてきているのです、目が覚めても不思議なくらい、、、

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」7話のネタバレと感想

 

陽葵と俊樹は二人でAVを見ています。

 

「わあ、、プロの人はすごいね、、、こんなに動きながら手でも気持ちよくしてる∑(o’д’o)」

 

 

俊樹は実の娘でないにしても、生まれた時から育てていた女の子と客観的にセックスを見るのは気が引けてました。

 

陽葵が生まれる10か月前には母親とこんな事してたのか、好きな女優の系統がバレるのが恥ずかしかったのです。

 

「いつもみたいに自分で見ればいいじゃないか、、、」

 

陽葵はいつも一人で見ていますが、俊樹はどんなAVの趣味をしているのか気になったらしく一緒にみようと提案しました。

 

 「お父さんなら変わったやつ知ってるかなと思って、、、この人すごい気持ちよさそう、、、こんなに奥に入ってるのに、器用に手動かしてるね、、」



確かにこの女優さんはすごく感じやすい人にみたいで喘ぐ声も大きく、お腹をうねらせものすごく気持ちよさそうにしています。

 

その映像を見ている陽葵も俊樹も引っ張られるように興奮しています。

 

陽菜は俊樹が勃起していることに気付き、顔を見ながらニヤニヤと挑発してくるのです。

 

 「お父さん、立ってるね、、、男の人は興奮してるとき分かりやすくていいね、、、ねぇしてもいい?ハアハア」

 

陽葵は服の上から俊樹の股間を撫でて、勃起したチンコの硬さを確かめるのです。

 

撫でられてさらに硬くなったチンコとともに興奮する俊樹は自らパンツを脱ぎ、陽葵に身を任せるのです。



 「この女優さん、手のひらで少しそらせながら手コキしてた、、、ねえキモチイイ?」

 

俊樹は程よい圧にビクッと反応し、そしてカリと指が上下に擦れる度に 体温が上がっていくのです。

 

「あ、、ああ、、すごい上手だよ、、、はあはあ、、ああっ!出るっ!!!」

 

陽葵はいつもより早く果てた俊樹に驚きますが、少しすると誇らしげに俊樹の顔を見るのです。

 

 「AVの人の真似したらすごい早かったね!ねえ気持ちよかった?」

 

「すごい気持ちよかった、、、上手になったな、、、」

陽葵は父親から褒められたことと勉強の成果が実った事で嬉しそうな表情を浮かべています。

 

でもまだ陽菜が気持ち良くなっていないのです。陽葵はコンドームを出して俊樹にお願いをするのです。

 

 「ゴム買ってきたんだ!学校の先生がちゃんと付けて健全な性生活をしましょうって言ってたよ!」

 

「今はそう言う教育するんだな、、、中出ししてるから今更な気がするけど、、」

 

 「全然遅くない!今からでも間に合うよ!入れるよ、、、あん、、やっぱり大きいね、、、

 

「あまり大きい声出すなよ、お母さん居るからな、、、」

 

注意するも俊樹自身も気持ちよさを求め徐々に激しくし、陽葵はどんどん声を大きくなっていくのです、、、

 



 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」8話のネタバレと感想


 「ねえ、次はお父さん、、っ 早く早く、、、入れてよ♡∑(*´д`*)」

 

陽葵は四つん這いでお尻を突き出し、目をトロけさせながらおねだりします。

 

「今ゴム付けるからちょっと待ってな、、、」

 

 「無しでいいよ!中に出してもらったほうが気持ちいいもん!」



体が火照ってる陽葵は理性を失い、欲望のままに欲しがるのです。

 

中出し要求に俊樹は少し物怖じするも陽葵のトロけた表情に興奮し、挿入するします。

 

ビクッと反応する陽葵は声も漏らし息を荒げます。

 

 「ああん♡ あ♡ あ♡ ああ♡ あ♡ あ♡ ああん♡ 気持ちいよ♡ お父さん♡」

 

「そうかっ!はあ、はあ、、、どのタイミングで行こうか?」




 

 「あん♡まだ続けて!奥が凄い気持ちいから激しくして♡」

 

「あああっ!やばい、、、もうイキそうだ!」

 

俊樹は陽葵のまんこの中に射精します。

 

陽葵は気持ちよさそうにしているがまだまだ元気で物足りない様子です。

 

家族3人で夕食を食べています。

 

妻は最近忙しいようで、今日の献立はスーパーのお弁当です。

 

葵は少し不満を漏らすと妻は忙しいからしょうがないじゃない!と反論します。

 

すこし空気が重い中、妻はスマホを触っています。誰かとラインしているようです。



俊樹はたまにスマホに夢中になっている時があると感じていましたが、あまり疑問に思っていませんでした。

 

そして妻から意外なこと言われるのです。

 

「ねえ、今夜は久しぶりに寝ない?、、、久しぶりに、、、」

 

俊樹は妻から誘われることが久しぶりで、驚きました。

 

陽葵も目の前にいて、どう反応するか迷いましたが断る理由もなく妻の寝室に向かうのです。

 

そこには下着姿の妻が立ち、ドアを閉めると下着を脱ぎベッドに寝ます。

 

俊樹はコンドームとローションを付けて妻をバックから挿入します。

 

陽葵と比べてはいけないと思いながら、同じ形のお尻でも肌の感触も弾力の違いをつい感じているのです。

 

決して気持ちよくないわけじゃないが、やはり陽葵のほうが具合がいいと思います。

 

俊樹は腰を振るペースを早くしていくと妻はちょっとずつ喘いでいきます。



 「んっ、、んっ、、アナタ昔よりも、、、イヤなんでもないわ」

 

妻は何か言いたそうでしたが、あまり気にせず腰を振り、果てるのです。

 

久しぶりの夫婦の営みが終わると妻はすぐにスマホをいじり始めます。

 

俊樹はさすがに気になり注意すると

 

 「なに?指図?別にいいじゃない?あと今からラインしている友達に会ってくるから陽葵の事見ておいてね、、、」

 

「こんな時間から人と会うのか?さすがに遅すぎるだろ、、、」

 

 「束縛とかやめてよ、、、別に友達と会うだけなんだから、、、」

 

妻は理不尽に強気な態度で俊樹を一蹴し、夜中に友人と会いに行く、、、



「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」9話のネタバレと感想

 

俊樹が仕事を終えて帰ってくると陽葵は玄関まで走って迎えに行き、すぐ自分の部屋に引っ張りこみます。

 

 「お帰り!お父さん!勉強で分からないことあるから教えて!」




母親にわざわざ聞こえるように大きな声をだし、陽葵のアリバイ工作も慣れたものです。

 

 「学校でずっとお父さんのおちんちん入れたいと思ってたんだよ、、、だからお父さん帰ってくるまで、ずっと自分でしてたんだよ、、、」

 

確かに陽葵の股間は愛液でドロドロになっていた。

 

 「早く入れてよー♡お父さんもそんなに固くして、、、仕事してる時もムラムラしてたんじゃないの?(・∀・)ニヤニヤ」

 

図星の俊樹は誤魔化しながら陽葵の秘部に肉棒を擦り付け焦らし、ゆっくり挿入し優しく腰を振ります。



 「あんっ♡太い♡、、もっと激しくして、、、乱暴にしてほしいの♡」

 

陽葵の欲しがる言葉に興奮した俊樹はいきなりペースを上げます。

 

 「ああんっ!気持ちいい!お父さんのキモチイイよ!お父さんじゃないとや嫌なの!」

 

「今日の陽葵はホントに気持ちいぞ、、、まるで俺のためにあるような感触だ、、、」



お互いを褒め合うように声をかけ、具合の良さを確認し合います。

 

 「もっと激しくして! あっ! そこイイっ! あっ♡ あっ♡ あああんっ!」

 

 「すごいよ♡ いまあたしお父さんの事すごい感じてる、、、♡」

 

陽葵は腰を捩り、奥まで入ったチンコをポルチオで感じてイクのです。

 

そして陽葵の中がキュ――っときつく締まり、吸いつくような感触の前で中だししてしまいます。

 

数日ぶりのセックスでお互いのテンションも高く、絶頂に達するまでの快感も今までに無いものでした。

 

そんな充実感の中、陽葵がある問いかけをしてくるのです。


 

 「すごい気持ちよかったね、、、ねえお母さんとアタシどっちが気持ちいい?」

 

俊樹は今までないくらい焦りました!

 

陽葵は先日の妻とのセックスしたことを察し、気にしているのでしょう!

 

自分の娘と妻のセックスの相性の良さを比べようと思ったことはないしどう答えるべきか悩みました。

 

いや、本当は答えは決まっています。

 

これだけ沢山セックスをしているのです。若い女の張りのある肌、健康的でしなやかな筋肉。

 

今しか味わえないこの感覚にどっぷりハマっている自分には気づいています。

 

しかし、はっきりと答えを出すことに戸惑いを持ち、話題を逸らすのです。

 

「陽葵、お風呂入ったほうがいいんじゃないのか?湯が冷めるぞ、、、」

 

 「え?それやだな、、、ねえお父さん、、久しぶりに入ろうよ、、もう一回下したいでしょ、、」


 

妻は寝室でスマホいじっており、そうなると中々出てきません。

 

俊樹もやぶさかでない様子で入りに行きます。

 

そして陽葵は父を喜ばせようと、母より好かれたいと思い奮闘するのです、、、

 

「手塩かけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の10話のネタバレと感想。

 

最近妻は忙しそうにし、夕食は惣菜弁当です。

 

惣菜弁当が3日目だという事もあり陽葵は妻に愚痴をこぼします。

 

妻は少し苛ついて「じゃ自分でつくれば?」と言いながらも夕食の準備をしています。

 

陽葵は何か思いついたようにたくらんだ顔をしながら俊樹の目を見つめます。

 

 「暇なんだけど、、、♡」



妻がキッチンで夕食の準備をしているそばから、陽葵は俊樹の股間に手を当てて撫で始めるのです。

 

俊樹は動揺し、やめるよう促しますが陽葵は焦ってる姿を面白がってズボンから俊樹のアソコを出し、手コキ始めるのです。

 

 「見なくてもわかるよ♡すごい大きくなってる♡反応しちゃうとお母さんにバレちゃうよードキドキするねーw(*゚ロ゚*)w」

 

「お、おい!やめろって!ああっ!」ビクッビクッ!

 

 「あれ?イキそうなの?お母さん一瞬こっち見たよ♡普通にしてないと駄目だよ♡」

 

夕食ができるまで陽葵の悪ふざけに付き合わされて、俊樹は妻に手コキされているところ見られるかもしれないと思いヒヤヒヤしながら夕食までの時間を過ごすのです。

 

 

妻はある日は俊樹とセックスをした日を境に友達と遊び行くことが多くなり、そして今日は陽葵も外に遊びに出ています。

 

陽葵はコンビニで買い物をして家に帰ろうとすると、そこには母が知らない男と一緒にいました。

 

その男は俊樹は母親と同じ年齢に見え、耳にはいくつかピアスをしていて決して会社員とは見えない見た目をしていました。

 

母も陽葵に気付き明らかに動揺した様子で、焦ったまま急に説明を始めるのです。

 

「この人は昔付き合っていた人で、今出所したばかりで色々困っているから助けてあげてるの!」

 

焦りで聞いてもいない事を早口で話す母親の様子を見ながら陽葵はこの男が不倫相手だという認識します。

 

「君が陽葵ちゃんか、、、聞いてるよ、、、すごいかわいいねー、、モテるでしょ?、、さすが俺の子だ」



母の隣の男が話したと思うとあっさり陽葵の父親という事を白状します。

 

陽葵は父親が俊樹でないことを知っていたので特に驚くことはありませんでした。

 

しかし自分の父親がここまで反社会的な人間とは思わず、父親とは思うことはないと直感しました。

 

そして俊樹を裏切った妻と不倫相手の男に懲らしめてやろうとある計画を立てるのです、、、

 



チンジャオ娘と小桜クマネコのコラボ作品のあらすじ

 

ここではチンジャオ娘さんと小桜クロネコのコラボ作品のあらすじを紹介していこうと思います゚゚+(b゚ェ゚*)+゚

 

前作の内容も知っていると次の新作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」がもっと読みたくなってくると思いますw(*゚ロ゚*)w

 

新作「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」が発売する前にチェックしておきましょう‼

 

「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりました」のあらすじ




両親から虐待、監禁をされた少女ナナはある寒い日の夜、どうにか隙をみつけてアパートから逃げ出します。

 

ナナはあの両親から逃げ切るために無我夢中に走りました。

 

ナナは走り疲れて息を切らし、雪が降るほどの寒さで座り込んでいると、心配した男性が声をかけます。

 

男性の名は石川、独身の会社員で料理が上手い∑(*´д`*)

 

ありもので作ったパスタをやせ細ったナナに御馳走するが、ナナは警戒心が強く、中々手を付けようとせず、石川を睨み付ける、、、

 

「いやいや、、毒なんか入ってないよ( ;´∀`)」

 

ナナは警戒しながらも一口食べると、あまりのおいしさにガツガツ食べるのです。

 

愛情を受けてこなかったナナは石川が見返りを求めてパスタを与えたと思い、性奉仕をするのです。

 

 

石川は動揺しながらも、ペニスをシコシコと手コキされ、終いには先っちょを下でチロチロ舐められるのです。

 

そして口の中でイってしまいます∑(*´д`*)

 

この日をきっかけにナナと石川のラブラブでHな同棲生活が始まります∑(*゚д゚艸)

 

「いじめっこ女子と無人島に漂流したら」のあらすじ

 

中年教師の熊谷は生意気な女子生徒、船崎未海からいじめを受けていました。

 

顔が可愛いけれども、チョー生意気で教師が体罰をできないことを良い事に、水をかけたり、暴言を吐いたり、読んでいるだけでイライラしてきます(`・д´・; )

 

熊谷はそんな理不尽な暴力と屈辱に耐えながら教師として生徒に接してくのです。

 

そして修学旅行では豪華クルーズ船で南の島に向かっていく途中、悪天候に見舞われて不用意にデッキに出た未海は船から転落してしまいます( ゚Д゚; )

 

熊谷は未海を助けようとして自分自身も海に落ちていきます。

 

二人は気が付くと無人島に漂流しており、助けが来るまでどうにか生き延びなければいけません( ゚Д゚; )

 

そんな状況でも未海は熊谷を奴隷扱いし始めるのです、、、

 

「どうせ助けなんかくるもんか、、、それならいっそ、、、‼」

 

教師が女子生徒を力ずくで押し倒し、復讐セックスが行われるっ!!

 

法律も邪魔者もいない無人島なら好き勝手し放題!発育の良い体を本能のままに喰らいつくす!

 

「はぁはぁ、、、いいんだぞ、、、気持ちよかったら声を出して、、、」

 

くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、くちゃ、

 

「ぜんっぜん、、、気持ちよくなんかなんか、、あっ♡、、、あっ♡、、、あっ♡、、、あっ♡、、、」

 

クソ生意気だったJKを自分好みのセックスペットに調教していく、、

 

最初は嫌がっていたけど、未海は次第に猛々しい男の体に骨抜きになっていく、、、、

 

 

チンジャオ娘さんの他の作品のあらすじ

チンジャオ娘さんの以前に出された作品にについても紹介していきたいと思います。

・【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたのあらすじ

 

美人で仕事のできるバリバリのキャリアウーマンの沢村秋子34歳は会社でも一目置かれている人材で上司からの評価も高いです。

 

素早く仕事をこなし、憧れの的である秋子には誰にも言えない欠点があるのです、、、

 

それは沢村秋子は34歳になって処女という事ですw(*゚ロ゚*)w

 

会社の人達は秋子の秘密を知る由もなく、バリバリのキャリアウーマンと思っているのです。

 

そんな秋子の直属の部下には2年目の田中という、学生気分が抜けず仕事のできないやつがいます。

 

ある日、秋子と田中は残業で遅くなり、お疲れ様会として二人で飲みに行くことになります。

 

そして飲んでいくうちに秋子が悪酔いし、田中に絡み酒するのですw(*゚ロ゚*)w

 

「昔はあたしだってモテたんだぞ!それなのにさっきあたしことババアって言ったでしょ?」

 

「言ってないですって(゚Д゚)、、、ちょっ、、危ないですよ、、、」

 

身体がもつれた際に秋子の体にお酒がかかってしまい、白シャツからブラが透けてしまいます∑(*゚艸゚*)

 

秋子は胸元を隠すが、その時の表情は恥ずかしさだけでなく、卑屈そうな表情で

 

「こんなオバサンの体なんて見ても面白くない面白くないでしょ、、、?」

 

田中は秋子の巨大な胸を見て、つい本音を言ってしまいます。

 

「いいえ!僕はデカいほうが好きなので!!」

 

秋子はハッと驚いた後、少し照れた顔をしています∑(*´д`*)

 

二人はタクシーに乗って帰ろうとすると、田中が飲みすぎてフラつくのです。

 

心配そうにした秋子は田中に

 

「具合悪いならちょっと家で休んだらどう、、、?」

 

そして田中は上司の家に上がり、一線を越えるのです。

 

 

下のリンクをクリックして「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」と検索すればすぐ出てきます!

気になる方はクリックして検索!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

Booklive!コミックはこちらから